DEVILMAN x MITSUOKA「Devilman Orochi」

世界にひとつの「オロチ」を製作 DEVILMANと
MITSUOKAの
コラボレーション

漫画家・永井豪と自動車メーカー・光岡自動車が、『50周年』の節目のコラボレーション!
世界にひとつだけの「オロチ」製作に取り組みます。
製作に先立ち、デザインイラストを公開。

Devilman Orochi デザインイラスト1

オロチがアニメに登場! 作中で飛鳥了がオロチを駆る。

Netflixで全世界独占配信中のアニメ「DEVILMAN crybaby」に光岡自動車が協力。
作中のもう一人の主人公「飛鳥了」が所有するスーパーカーのモチーフに「オロチ」が採用されました。

DEVILMAN crybaby 飛鳥了 イメージ画像

デビルマンが実車に! 永井豪監修。その名は
『Devilman Orochi』

「DEVILMAN crybaby」のアートディレクションを手掛ける阿閉高尚と光岡自動車の青木孝憲が共同でデザインを担当。
永井豪監修のもと、スーパーカー「オロチ」に「デビルマン」が描かれた世界でたった一台のプレミアカーが誕生します。

Devilman Orochi デザインイラスト2
DEVILMAN crybaby 公式サイトはこちら
MITSUOKA オロチの説明はこちら

トラウマ的衝撃が甦る DEVILMAN crybaby

泣き虫の高校生・不動明は、幼なじみの飛鳥了と再会し、危険なパーティに誘われた。そこで明は見る。悪魔に変わっていく人々を。
そしてまた明自身も……

DEVILMAN crybaby イメージ画像

永井豪50周年記念作品 不朽の名作『デビルマン』の全てを描く「DEVILMAN crybaby」

永井豪画業50周年を記念し、同氏の代表作『デビルマン』がアニメーション作品「DEVILMAN crybaby」として蘇る。
かつて幾度も映像化されるも、原作の結末までを表現できた作品はなく、漫画史に残る“不朽の名作”にして“完全映像化は不可能”と呼ばれたデビルマンに対し、監督・湯浅政明氏と日本を代表するクリエイターが一同に介し、世界的な原作漫画のアニメ化を実現しました。

永井豪50周年ロゴ

「DEVILMAN crybaby」の作中で、飛鳥了が駆るスーパーカーこそ、光岡自動車の「オロチ」をモチーフとしたクルマ。 実は、このアニメ―ション作品には他にも光岡自動車のクルマが登場します。
デーモン・カイムが乗りこむ「リューギ」をモチーフとしたクルマは、あの有名なシーンにも登場します。

DEVILMAN crybaby カイムとシレーヌ イメージ画像

本能の誘惑。煩悩の悦楽。 スーパーカー
MITSUOKA
“Orochi”

2001年10月第35回東京モーターショーでコンセプトカーとして発表されたオロチ。
その名の通り「八岐大蛇」から命名されたうごめくような肢体は、機能的なパフォーマンスを超越したある種の生命体のようでした。

夢のある自由なクルマづくり イメージ画像

光岡自動車創業50周年 『夢、挑戦、次代へ。』

「夢を描いたら、全力で挑戦していくこと。」それは、私たちが創業以来、50年間持ち続けてきた信念です。

キャッチコピーは『夢、挑戦、次代へ。』
光岡自動車創業50年の歴史を糧にこれからも「夢に向かって」、「挑戦し続ける姿勢を」、「新たな50年を次代へ繋げて託す」、ミツオカイズムをご覧ください。

光岡自動車創業50周年ロゴ

今回のコラボレーションにあたり、最高のコンディションを持った「オロチ」を用意。
コラボレーションモデル『Devilman Orochi』の続報をお待ちください。

Devilman Orochi デザインイラスト3