ゼロワン
1994-2000年 2000年7月生産終了
1996年にこのゼロワンが運輸省の型式認定を受け、光岡自動車を日本で10番目の国産乗用車メーカーにした、記念すべきクルマ。ベースグレードと呼ばれるタイプとそれが深化したクラシックタイプFの2種類をラインアップする。スペース鋼管フレームよるボディの構成や、そのスタイリングからスーパー7のレプリカモデルと思われがちだが、前後サスペンションにダブルウイッシュボーンを採用する4輪独立懸架方式など、オリジナリティも存分に発揮されている。エンジンは130馬力の1.8L直4DOHCで、もちろんFRの駆動方式を採用する。スタイリングは見てのとおりのロングノーズ&ショートデッキのフルオープン2シーター。フレームはクラッシャブル構造を採用、運転席にはエアバッグも装着され、衝突安全性も考慮されている。
front
rear
生産終了車
ゼロハンシリーズ
SSK
356
ラ・セード
ドゥーラ
ZERO1 1600cc
ガリュー
ZERO1 1800cc
Classic Type F
レイ
リョーガ
MC1シリーズ
レイII
ユーガ
ニューラ・セード
レイIII